【ワンピース】死の外科医・トラファルガー・ローに隠された秘密…

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-15_14-23-31_No-00

 

トラファルガー・ローとは?

トラファルガー・ローは王下七武海の一人です。ハートの海賊団の船長をしています。

トラファルガー・D・ワーテル・ローが本名です。

「死の外科医」という通り名の持ち主で、優れた医術を持っています。

北の海である、「フレバンス」出身で、懸賞金は2億ベリーから4億4000万ベリーへ跳ね上がりました。

SnapCrab_NoName_2015-7-15_14-25-53_No-00

見た目は白い毛皮のふかふかな帽子を被った細身のシルエット。両手の甲と両腕に「DEATH」の文字、それから上半身にハートマークの刺青が刻み込まれています。

世間からは残忍と言われてしまっていますが、気まぐれで行動をするという、掴みにくい性格をしています。

命令されることが嫌で、過去の経験からか「自由」であることにこだわりを見せています。

愛用武器は妖刀である鍔に白い毛皮を纏った大太刀、「鬼哭(きこく)」です。

誕生日は10月6日、身長は191cmです。苦手な食べ物はパンと梅干しとのことです。

一部の相手に「~屋」を付けて呼ぶ癖があります。

ルフィからは「トラ男」という愛称で呼ばれています。

 

トラファルガー・ローに隠された能力とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-15_14-26-43_No-00

超人系悪魔の実「オペオペの実」の能力の持ち主です。

一定範囲に「円(サークル)」を生み出し、その内部を手術室のように支配し、自在に操作できる「改造自在人間」です。

円内の生物や物体を接着・切断させたり、浮遊・転移させたりとやりたい放題です。

この能力で肉体を切断されても痛みはありません。

パーツを組み合わせればあっという間に元通りになります。

また、円の中で改造されたものは、円外に出ても効果が続きます。能力を使用するほど体力を使ってしまいます。

「武装色の覇気」という、覇気の使い手でもあります。

 

トラファルガー・ローとドフラミンゴの因縁とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-15_14-27-26_No-00

幼少期、医者の両親と妹との4人家族で父親から医学を習い、平凡な日々を過ごしていました。

しかし、フレバンスの地層にある鉛「珀鉛」が理由で、他の国民と同じく「珀鉛病」に侵されてしまいました。

さかのぼること16年前。フレバンスで起こった戦争で家族や友人を隅から隅まで失ってしまい、国から逃げドンキホーテファミリーのもとへ訪れます。

当時は家族を手放し余命も僅か3年2カ月であったことにこの世の終わりを感じ、目に入るモノ全てを壊したいという破滅願望を胸に秘めていました。

ドフラミンゴにその思想を見込まれ、正式な一員として歓迎されます。

加入後はあらゆる英才教育を学び、少しずつ力をつけていきます。そしてドフラミンゴからは最高幹部の3代目「コラソン」として、ハートの席へ導かれるなど高評価を得ていました。

更に13年前。コラソンの素性を認知し、彼に連れ出され各地の病院を回るも拒絶されてばかりでした。

出会った当初はコラソンからの仕打ちに敵意に満ちた目をしていました。

しかし、自分の不幸な生い立ちに涙する彼の姿を見て「コラさん」と心から慕い、彼の前では笑顔を見せるまでの心境の変化が。

ファミリーから孤立して半年後、コラソンの尽力によりオペオペの実を胃に入れ、自力で病気を治すことが可能になります。

しかしその騒動の下、コラソンが自分を島から逃がそうとしたため、ドフラミンゴに殺害されてしまいます。

その後、ファミリーから逃走し、ドフラミンゴの命を狙うようになりました。

他にこんな記事も読まれています

-onepiece, トラファルガー・ロー

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.