【ワンピース】エースは実は生きている?復活の噂の真相は…?

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-14_11-6-15_No-00

 エース復活の噂とは

ルフィの義兄であるポートガス・D・エース。

彼は赤犬の致命的な攻撃からルフィを守り、庇う形になってマグマの拳に腹部を貫かれていまいました。これが致命傷となったエースは、自らの死を察します。

SnapCrab_NoName_2015-7-14_11-7-16_No-00

世界を敵にまわしていた自分を愛してくれた仲間たち、そして何よりも弟のルフィへの感謝の言葉を残し、微笑みながら息絶える…というのが、本編です。

しかしワンピースファンの間には、「エース生存説」「エース死亡説」の二つ説が浮かび上がっているそうです。
では何故、「復活」の噂が立っているのでしょうか?

 

埋葬シーンが描かれていない

SnapCrab_NoName_2015-7-14_11-8-39_No-00

ポートガス・D・エースは、世界政府に陥れられ、マリンフォードにて公開処刑されることになります。これを救おうとした白ひげ海賊団やルフィ達が立ち上がります。

そしてルフィ達と海軍本部、王下七武海などの間でマリンフォード頂上戦争が起こりました。

終結は海軍の大将である赤犬から、ルフィを庇いエースが命を落とします。

その後、エースの遺体はシャンクスに託され、新世界の名もない島に埋葬されました。

アニメ505話「あいつらに会いてェ!ルフィ涙の叫び」では、その埋葬シーンが映し出されています。

しかし!そこをよく見ると、墓はすでに完成していて、その墓の前にシャンクスがたたずむ…というシーンが映されているだけです。

そう、実際に遺体を埋葬するシーンが描かれていないのです。

エースの遺体を委ねられたのがシャンクスであるという部分にも、何かしら意味があるのかもしれませんね。

 

なぜ、タイトルにエースの本名を入れたのか?

SnapCrab_NoName_2015-7-14_11-9-29_No-00

原作では、エースが死ぬ回のタイトルは「ポートガス・D・エース死す」になっています。

本編ではラストのコマにて回想シーンが挿入されています。

「この子の名はゴース・D・エース」と、エースの母親が言っているシーンです。

この回のタイトルでは、なぜか「エース死す」ではなく「ポートガス・D・エース死す」なのでしょうか?

ラストにわざわざ「この子の名はゴール・D・エース」というコマを入れた理由も気になります。

この演出には流石に少し引っかかりますね。

この死亡回では、アニメでも回想といった形で「おれは死なない」とエースが断言したシーンが、何度もリピートされています。
はたして何か意味はあるのでしょうか?

 

実は死んでも生きていたキャラクターがいる

SnapCrab_NoName_2015-7-14_11-11-56_No-00

ワンピースでは、アラバスタのペルや、エースたちの親友のサボなど、過去にも死んでしまったと思ったキャラが生きていたというパターンもあります。

真相は謎のままですが、エースは人気キャラクターなので、生きていてほしいというファンからの願いだけは真実と言えるでしょう。

スポンサーリンク

-onepiece, エース

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.