【ワンピース】海賊王の右腕!冥王・レイリーに隠された秘密…

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-13_11-24-56_No-00

本作の世界観、「大海賊時代」を自らの処刑により生み出した、「海賊ゴール・D・ロジャー」の右腕として生きた大海賊であるレイリー。現在はシャボンディ諸島でコーティング職人をしながら隠居生活を過ごしています。

「海賊王の右腕」「冥王」と呼ばれていて、生きる伝説と言っても過言ではないでしょう。

すでに海賊を引退していますが、実はいまだに賞金首です。

目撃情報などは海軍にも届いていますが、世を騒がすような凶悪なことはしていないようです。

ギャンブルが趣味で、シャッキーいわく「一度飛び出すと長く帰らない」とのことです。

見た目の特徴は長い白髪と口鬚です。

 

レイリーの性格は?

SnapCrab_NoName_2015-7-13_11-25-28_No-00

第三者の視線で淡々と物事を考え、判断できる、まさにサポート役としてうってつけの性格をしています。

ただし、船長の影響も多少あるのか、長きに渡る航海によるものか、楽天的な一面もあります。

 

レイリーに隠された能力とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-13_11-25-58_No-00

レイリーは悪魔の実の能力者ではありません。

一般的な剣を使った一般的な海賊ですが、一線を退いた今現在でも、素手で海王類を倒します。

また、たった剣一本で海軍最高戦力の1人・大将黄猿を食い止めるほどの技量の持ち主です。

覇王色、見聞色、武装色の覇気を取得し、主人公のルフィに覇気の基礎と概念を教え込みました。

 

レイリーの過去・・・

SnapCrab_NoName_2015-7-13_11-29-46_No-00

20年以上前の出来事です。

海で遭難したところを子供の頃のはっちゃんに手助けしてもらいました。

それ以来、彼がタイヨウの海賊団に入るまで仲睦まじく過ごしていました。

15年前には、天竜人の奴隷から解放され、路頭に迷っていたゴルゴン三姉妹を発見し、ニョン婆・シャッキーと力を合わせて彼女たちを守りました。

 

レイリーの活躍とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-13_11-30-32_No-00

初登場のシャボンディ諸島での出来事です。

麦わらの一味の魚人島行きをサポートするために、船のシャボンコーティングを手伝いました。

一味逮捕のため、現れた大将黄猿を食い止めたりなど、一味の手助けを行いました。

長年の宿敵エドワード・ニューゲートが死んでしまった時は、涙しながらも、その最期をモニター越しにしっかりと見届けました。

戦争でエースを失ってしまい、疲弊していたルフィの元に現れ、新世界に通用するパワーを与えるべく約2年間の修行をさせました。

余談ですが、初期のバギーの回想で少年シャンクスと少年バギーのケンカを仲裁したのは、他でもなくレイリーです。このことは本作の質問コーナーで明かされました。

スポンサーリンク

-onepiece, レイリー

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.