【ワンピース】ゴーストプリンセス・ペローナに隠された秘密…

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-30-7_No-00

 

見た目はゴスロリだけど…

ゴスロリのふりふりとした可愛い衣装に身を包み込み、服装通りに性格も可愛いと思いきや、口から放たれる言葉は皆が驚くような我儘なことばかり。

加えて男勝りな性格なため、見た目とのギャップがとても激しいのがペローナなのです。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-30-43_No-00

そんなペローナの下には、クマシーをメインとした本人曰く可愛い容姿をした部下のゾンビがおり、罵倒をしながらも大切に思っている一面が。

また更に、一人になると寂しくなって泣いてしまう姿も見られました。

 

ゴーストを生み出す能力!

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-31-19_No-00

悪魔の実には沢山の種類がありますが、ペローナは特殊な超人系悪魔の実「ホロホロの実」の能力者の霊体人間です。

一体全体どういうことなのか、自分の霊体を自在に生み出す事ができるのです。

その霊体を相手に向かって放ち、それが当たってしまうと心が極端にネガティブな状態になってしまうのです。

麦わらの一味も、これには打つ手がないと一時は窮地に立たされました。

また、ネガティブにさせるだけでなく、衝撃波も与えることが出来るため、ただのゴーストではない悪魔の実ならではの恐ろしさも持っているのです。

 

天敵はキャプテン・ウソップ

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-31-59_No-00

勝気な彼女の戦闘シーンは、スリラーバークでのウソップとの戦いです。

彼女お得意のネガティブホロウをもちろん出しましたが、なんとキャプテン・ウソップにはこの技が一切効きませんでした!

それは、彼女の霊体よりも、はるかに上回るネガティブ精神の持ち主だったからです。彼女にとっては、初めのことに驚きを隠せず、慌てふためきながらの戦闘が始まりました。

そして、ウソップがペローナ本体の存在を見つけた事で一つ上回り、お互いの化かし合いの末にペローナは負けてしまいました。

 

スリラーバーク後の活躍・・・

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-33-27_No-00

ペローナは王下七武海バーソロミュー・くまの超人系悪魔の実「ニキュニキュの実」の能力によって、スリラーバークから一瞬にして、クライガナ島・シッケアール王国跡地に飛ばされてしまいました。

一人で古城を気に入っており、楽しんでいましたが、同じようにくまによって飛ばされてきた瀕死の海賊狩りのロロノア・ゾロと出会うこととなるのです。

エース奪還の頂上戦争終結後、クライガナ島を本拠地にしている鷹の目の男ことジュラキュール・ミホークから、ゲッコー・モリアの訃報を聞いた際は号泣しており、心から慕っていたことが伺えます。

ミホークの居城に居候し、2年後、修業を終えたゾロをシャボンディ諸島まで迷子にさせることをなく送り届けたという大業を成し得たのです。

スポンサーリンク

-onepiece, ベローナ

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.