【ワンピース】麦わら一味の音楽家!ブルックに隠された秘密…

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-16-42_No-00

ブルックという人物とは?

ルフィの8人目の仲間、麦わらの一味の音楽家であるブルック。「西の海(ウエストブルー)」出身で、「鼻唄のブルック」「ソウルキング」という異名の持ち主です。

万が一死んでしまっても、一度だけ生き返ることができるという超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者です。

白骨化した身体のまま蘇ったカイゴツの容姿をしています。トレンドマークはアフロヘア―です。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-26-33_No-00

船長のルフィを特に慕っている剣士で、リヴァース・マウンテンで決別したクジラのラブーンとの再会を誓っています。

一度息絶えたのは38歳の時。以後52年の年月が経っており、実年齢は90歳です。

一味の中で最年長であり、最長身の持ち主で、「ヨホホホホ」という特徴的な笑い方をします。

 

ブルックの性格とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-17-18_No-00

とても前向きでユーモアの溢れるお調子者です。

自分自身に残された骨、もしくは逆に白骨化でなくなってしまった部位を使った慣用句を使い「ガイコツだから○○はありませんけど!」「~ホネだけに!」「って私○○ありませんでしたー!」などと、多くの「スカルジョーク」を飛ばします。

麦わらの一味では最年長のブルックですが、仲間のことを慕って「さん」付けで呼び、誰に対して敬語を使っています。

立ち振る舞いや口調は紳士的ですが、場所を選ばずオナラやゲップをするなど行儀は決して良くありません。

女性には目がない様子で、開口一番「パンツ見せてもらってもよろしいでしょうか?」とお願いする機会も少なくはないようです。

 

ブルックの身体的な特長

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-18-18_No-00

ラブーンと再会した時に自分が一目で誰かわかるように、白骨化する前の面影であるアフロを大事にしています。

ちなみに肉体の成長が完全に停止しているため、2度と髪が伸びることはありません。

額に入っているヒビから頭骨が開く形になっており、その中身は共に息絶えた仲間たちとの最期の歌声を記録した音貝(トーンダイアル)を大切にしまっています。

食事を取るので排泄物は出るそうで、涙や鼻血も流します。しかし、戦闘による出血や流血はしないとのことです。

生前は自慢のアフロに加え、丸い形をしたサングラスをかけており、額には白骨後もヒビとして残っている縫い傷が刻まれています。

 

新世界編でのイメチェンは?

SnapCrab_NoName_2015-7-13_10-21-27_No-00

2年後の新世界編では、ロックスターをモチーフにした派手な格好で再登場を果たしていました。

王冠を誇らしげに被り、ハート型のサングラスを装着。花柄の派手なズボンを履いてイメージチェンジをしています。

他にこんな記事も読まれています

-onepiece, ブルック

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.