【ワンピース】海軍将校をめざす男!コビーに隠された秘密…

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-10_16-31-19_No-00

コビーという人物とは?

コビ―は当初、アルビダ海賊団航海士兼雑用でした。

そこから海軍第153支部雑用になり、海軍本部雑用、そして海軍本部曹長、ついには何と海軍本部大佐までたどり着きました。

ガープの部下で、性格は弱気で臆病ですが、ここぞとばかりの行動力は人一倍です。

SnapCrab_NoName_2015-7-10_16-32-52_No-00

登場初期はかなり貧弱なスタイルでしたが、海軍入隊後は背がぐんぐん伸び、別人のようにたくましい青年になっています。

トレードマークである大きめの眼鏡は額にかけ、バンダナを頭に巻いています。新世界編ではさらに身長が伸び、ルフィと同じぐらいの背丈ま成長しました。

誕生日は5月13日です。

 

コビーとルフィの出会い

SnapCrab_NoName_2015-7-10_16-31-56_No-00

実は、コビールフィが海に出て出会った最初の人物なのです。かつて釣りに出かけた時に、間違ってアルビダ海賊団の船に乗り込んでしまったルフィ。

そこの雑用として、2年間もこっぴどく使われていたコビーと出会います。

アルビダが拠点にしていた島に到着したルフィと初遭遇し、ルフィがアルビダを撃破したことで晴れて自由の身になりました。

それからルフィと友達になり、しばらく行動を共にしています。

しかし、コビーは海軍将校になる夢を持っていたので、シェルズタウンでゾロと入れ替わりに決別。その後、海軍第153支部で雑用として勤めることになりました。

 

コビメッポ奮闘日記

SnapCrab_NoName_2015-7-10_16-33-49_No-00

その後が描かれた表紙連載である、『コビメッポ奮闘日記』では、ヘルメッポとコンビで「コビメッポ」と呼ばれるようになります。

お互いにライバルであると共に、お互い一番の親友にもなりました。

その後、モーガンの逃走事件を経て、ヘルメッポと一緒にガープ中将の元へ。海軍本部で特訓に一生懸命励みます。

その後、曹長にまで見事に昇格し、ウォーターセブンでゾロとルフィに再会を果たします。身体能力は格段に向上し、六式「剃」を使えるまでの成長ぶりを見せつけました。

 

コビーの活躍とは?

SnapCrab_NoName_2015-7-10_16-34-38_No-00

マリンフォード頂上戦争では、次々と殺害されていく海兵に恐れおののき、一時は逃亡をしようと考えてました。その後、なんとか勇気を振り絞りルフィに戦いを挑みます。

しかし、一撃でやられてしまい、気を失ってしまいます。

そして、極限状態の中で「見聞色の覇気」が覚醒します。

海軍が犠牲を増加させ続けることに居ても立っても居られなくなり、追撃を続ける赤犬の前に堂々と立ちふさがります。
赤犬に粛清されそうになったところを、シャンクスに助けてもらいました。

スポンサーリンク

-onepiece, コビー

Copyright© ネタバレ注意!ワンピースのキャラに隠された裏話30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.